【呪術廻戦】51話供花のネタバレと感想!花御戦の行方は?

【呪術廻戦】51話供花のネタバレと感想!

50話予感の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】51話供花のネタバレ!

東堂が不義遊戯で場所を入れ替えますが、花御は入れ替え先に攻撃をします。虎杖は入れ替え先に攻撃!コイツ東堂の術式に慣れて来てると考えますが、東堂は、だがさっきの黒閃ラッシュが効いてる。祓えるさ、二人ならと考えていました。

花御はここまで手傷を負ったのは生まれて初めてだ。それでも尚、衰えることのない戦いの愉悦!と思い、超巨大な木から大量の食虫植物のようなものが出てきます。

東堂は花御と虎杖の位置を入れ替え、虎杖を躱させます。東堂は心配無用さブラザー、俺が本気で固めた肉体と呪力ならばこの程度の種子、弾いてみせるさと思っていると、そこに本当に?と言いながら高田ちゃんが現れます。

高田ちゃんが伏黒君の傷口覚えてる?と東堂に聞くと、東堂は覚えているとも、今まさに撃ち込まれようとしている呪いの種子、だからこうしてーと言うと高田ちゃんはでもさ、伏黒君の種子はちょっと成長してたよね。血液を吸って成長したのかな?ありえなくはないね。でも相手は呪霊だよ?一番可能性が高いのは?と言うと、東堂は呪力と答え、呪力を解いて行きます。

花御は直前で呪力を解いた、気付いたのか。呪種は呪力でそれを守る程それを糧に強化されることに・・・と考えていました。次回は全握か、感謝の意を伝えねば、なと東堂は言います。

特級呪霊よ、あの時の俺の発言は言葉足らずだと気づいたハズだ。だが、オマエにはもう1つ考えなければならないことがある。”不義遊戯”の術式対象について。俺が入れ替え可能なのは術式範囲内の生物?否、俺の術式は呪骸などの無生物にも有効だ。つまり答えは一定以上の呪力を持ったモノ。特級呪霊よ、気付いているか?俺達は再びあの場所に戻ってきている。ここにはアレが眠っている。と考えていました。

そして不義遊戯で虎杖と特級呪具”游雲”を入れ替えたのです。攻撃が花御に当たりますが仕留めることまではできませんでした。

花御は植物は呪力を孕みません。私の右腕は植物の命を奪い呪力へと変換する。それが私に還元されることはない。その全ては供花へ、出来ることなと使いたくはなかったと思っていました。

そして花御はしかし、アナタの術式があれば躱すのは容易いでしょう。ならばどうするか?と思いながら領域展開を発動させようとします。

ですが、その瞬間、帳が上がり上空には目隠しをとった五条悟の姿がありました。というところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】51話供花の感想!

それにしても東堂のブギウギが特級呪具”游雲”にも通用するなんてすごいですね。

それでも祓えない花御強すぎる。

そして最後に現れた五条先生のラスボス感。まず普通の人間は空の上に浮くこと出来ないと思うのですが笑

何はともあれ次回、五条先生が大活躍しそうなのでめちゃめちゃ楽しみです。

まとめ

【呪術廻戦】51話供花のネタバレと感想についてでした。

・東堂の術式は呪骸などの無生物にも有効

・特級呪具”游雲”を東堂が使っても花御を仕留めることは出来ず

・上空から五条悟が臨戦態勢に

以上が51話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の52話のネタバレと感想をチェック!