【呪術廻戦】61話起首雷同漆のネタバレと感想!釘崎も黒閃を発動?

【呪術廻戦】61話起首雷同漆のネタバレと感想!

60話起首雷同陸の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】61話起首雷同漆のネタバレ!

釘崎は痛いのは嫌だろ?ならさっさと泣きながら術式解けよ。と言います。壊相は呪詛返しの術式、我慢比べ、こちらの術式を解かねばコレが続くというわけかと思っていました。

釘崎の芻霊呪法・共鳴りとは、対象から欠損した一部に人形を通して、呪力を打ち込むことで対象本体にダメージを与える術式です。術式範囲の制限はゆるく、対象との実力差、欠損部位の希少価値によって効果が変わります。

血液は芻霊呪法において決して価値は高くないが、共鳴りは対象との繋がりを辿ります。今、釘崎の中にある壊相・血塗の血液は蝕爛腐術の術式で2人と強く繋がっています。

釘崎は、弟の方にも効いたのはタナボタだな。このままじゃどーせ死ぬんだ、じゃんじゃか共鳴りブチ込んでやる。と考えていました。

壊相は、なかなかに強烈。だが何度やっても私達の命には届かない。我慢さえしていればいずれ死ぬのはアナタ方。”朽”の発動中は痛みと毒でまともに動け・・・

と考えていると、虎杖が攻撃を仕掛けてきます。そして、釘崎が共鳴りを発動した瞬間、血塗は虎杖に思いきり殴られます。

なぜ全員が動けないほどの毒で虎杖が動けるのかと言うと、虎杖は両面宿儺の器です。あらゆる毒に耐性があり、分解の痛みはあれど、その果ての毒は虎杖には効かないのです。

壊相は、共鳴りのダメージを無視して血塗を助けに行こうとしますが、虎杖と釘崎がスイッチし、釘崎を瀕死の血塗に当てていきます。釘崎は手をチラッと見せ、いつでも動きを止められる。という意志を壊相に見せます。

壊相は、術式を解くか否か、このままでは弟を助けに行けない。”朽”の発動中に”翅王”は出せない。だが今のあの女に弟を殺すだけの余力があるか!?女に妨害されようと女が死ぬより先に、私がこの男に殺されることはないだろう。絶対に術式は解かない。と考えます。

ですが、血塗の”兄者”と言う声を聞き、”俺たちは三人で一つだ”という言葉を思い出します。壊相は術式を解き、翅王で背後から釘崎を攻撃しようとします。

ですが釘崎はその攻撃に気づかないほど恐ろしく集中し、虎杖も釘崎に翅王が当たる前に敵を仕留めようと集中していました。2人は黒閃を発動させたのです!

黒閃を食らった壊相の右腕は吹き飛びながら何だ今の、黒い光は!私は確かに、確実に呪力で強化した腕で拳を受けた。だが気づけば肩ごと飛ばされていた。ああ、弟よ、死ぬな弟よ。と壊相と考えていました。

血塗は何とか生きのび、釘崎の背後から襲いかかりますが、釘崎はまだこっちは見せてなかったわね。といい、簪(かんざし)で止めを刺したところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】61話起首雷同漆の感想!

やっぱり宿儺の器は違いますね。まさか毒に耐性があるとは・・・。

そして野薔薇ちゃんと悠二くんの黒閃を見た時は鳥肌がたちました!

凄すぎますね!!!

今回野薔薇ちゃんがめちゃくちゃかっこよかったです!

まとめ

【呪術廻戦】61話起首雷同漆のネタバレと感想についてでした。

・釘崎が共鳴りを発動し、毒に耐性があり動ける虎杖が血塗を攻撃

・虎杖の釘崎の黒閃が壊相に当たり、壊相は肩ごと吹き飛ばされる

・血塗は釘崎の簪で止めを刺される

以上が61話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の62話のネタバレと感想をチェック!