【呪術廻戦】62話起首雷同捌のネタバレと感想!壊相戦に決着!

【呪術廻戦】62話起首雷同捌のネタバレと感想!壊相戦に決着!

61話起首雷同漆の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】62話起首雷同捌のネタバレ!

血塗を倒した釘崎は、心配しなくてもすぐに兄貴も送ってやるわと言います。壊相は血塗・・・と言い、俺たちは三人で一つだ。ごめん兄さん。私がついていながらと思い、涙を流します。

慈愛の涙、想定外の感情の振れ幅に追撃の手が止まります。釘崎は、コイツなんで消えない!?まだ生きて、違う。呪霊じゃない、肉体があるんだと考えます。すると背後のトンネルから軽トラが走ってきます。

その瞬間、壊相は軽トラに乗り、助手席にいた人を人質にとり、運転手にスピードを上げろ、ブレーキを踏めば殺す、オマエもコイツも。分かったな?と言います。

虎杖が軽トラを追うと、壊相は人質を傷つけながら追うなよ呪術師と言います。壊相はこの2人、特にあの女は傷を癒やし確実に殺す。すまん血塗、弔ってやれなくて。だが必ず私が仇を、と考えながら釘崎の方を見ると、釘崎は何かの構えをしています。

壊相はあの女、何をしていると言うと、釘崎は壊相の片腕に藁人形を載せ、共鳴りを発動させたのです。壊相は呪詛返しの術式ではなかったのか。と考えていると、虎杖の渾身の一撃がヒットし、壊相は倒れます。

一方、夏油と真人、脹相は人生ゲームで戯れていました。脹相は弟たちが死んだことを知ると、どう言うことだ?受肉体ならまだしも、2人が指1本分の呪霊にやられるとは思えん。と言うと、夏油はスマホを見て報告が入ったよ。壊相・血塗を殺したのは、呪術高専1年、虎杖悠仁とその一派だ。と言ったところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】62話起首雷同捌の感想!

壊相が一般人を巻き込んだ時はどうなるかと思いましたが、野薔薇ちゃんと悠二君のコンビネーションで見事、倒すことが出来ましたね。

夏油たちが人生ゲームやってるの笑いました。まぁ、人生ゲームは面白いですからね、呪霊達も面白いのでしょうか?

そしていよいよ脹相との戦いが始まりそうですね。

まとめ

【呪術廻戦】62話起首雷同捌のネタバレと感想についてでした。

・血塗が葬られ慈愛の涙を流す壊相

・壊相が一般人を人質にとる

・釘崎が共鳴りで壊相の隙をつき虎杖が止めを刺す

・脹相が弟が死んだことを知る

以上が62話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の63話のネタバレと感想をチェック!