【呪術廻戦】92話渋谷事変⑩のネタバレと感想!

【呪術廻戦】92話渋谷事変⑩のネタバレと感想!

91話渋谷事変⑨の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】92話渋谷事変⑩のネタバレ!

日下部が、確かに駅に閉じ込められた分を差し引いたとしても人口密度低かったなと言い、禪院直毘人は、改造され建物内に待機していた人間が今になって非術師を襲い始めたかと言います。

七海はだから我々も待機をやめ突入。仕方のないことですが対応が後手に回りすぎです。だが一番気がかりなのはと言うと、伏黒が同時に降りた術師を入れない帳ですね。五条先生が現着してそこそこ時間が経ってる。何故このタイミングなんでしょうかと言います。

中で何かあったか、戦略上このタイミングである必要があったのか、確実に言えるのは無策で挑んでくるタイプではないと言うこと。私は帳を降ろしている敵を。2人は片っ端から一般人を保護してくださいと言います。

同刻、直毘人班、七海班、日下部班の3班が突入します。

伊地知は、状況を確認次第新田さんはもう一度帳の外へ。中で電波が断たれる以上誰かが常に外にいなくてはならない。アナタにはその役をやってもらいたい。今から補助監督役だけでなんとしても連絡網を確立する。非番と窓の一部も動員すれば可能でしょう。と連絡しますが、突如背後から呪詛師に刺されてしまいます。

伊地知はサイドテールの呪詛師に刺されてしまいました。するとおかっぱ頭の呪詛師が、貴方はこのまま帳の外でスーツの人間を狩り続けてくださいとサイドテールの呪詛師に伝えます。

東京メトロ渋谷駅B5F副都心線ホームには、五条の封印には成功したが、獄門疆が五条悟という情報を処理しきれず、獄門疆を動かせずにいる夏油と真人がいました。

真人は何コレどういうこと?と言うと、夏油は、封印は完了している。だがまだ獄門疆が五条悟と言う情報を処理仕切れていないんだ。暫くは動かせないね。と言います。

真人がホームの天井に設置されたメカ丸に気づき破壊しますが、夏油はやられたねと呟きます。夏油達の会話を聞いていたメカ丸は、虎杖に真人達がB5Fから五条を動かせないでいることを伝えます。

メカ丸は、渋谷駅各地下鉄路線の隣駅から術師を向かわせろ。術師を入れない帳が上がり次第突入だ。と虎杖に伝えます。虎杖は、向かわせろったって伊地知さんと連絡つかねぇし。と言うと、あっと言い、何かを思いつきます。

冥冥に渋谷には誰がきてんのと聞いたことを思い出し、帳の中に入って呪いを一瞬で払いながら、虎杖はビルを駆け上がっていきます。そしてかなりの大声でナナミーン、ナナミンいるー!??五条先生があっ、封印されたんだけどー!!!と伝えます。

夏油たちは今ので、術師たちが総力を上げてB5Fに来ることを危惧します。夏油は、私はここに残るけど皆はどうする?と聞くと、脹相は、俺は弟の仇虎杖悠仁と釘崎野薔薇を殺す。その後高専に保管されている他の弟達を回収すると言います。

漏瑚は、釘崎とやらは知らんが虎杖は駄目だ、宿儺にすると言うと、脹相が関係ないと言うと、漏瑚がキレます。すると真人がやっぱ俺も虎杖殺したいかな。五条悟の実物を見た感じさぁ、五条を封印した今術師と呪霊は±0。宿儺が復活すれば超優勢ほぼ勝ちってことでしょ?と言います。

夏油は、まぁそうだねと言います。真人は、じゃあさ今の戦力でも勝つ時は勝つってことじゃん。虎杖殺しちゃお。大丈夫、宿儺なんていなくたって俺達なら勝てるさと言ったところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】92話渋谷事変⑩の感想!

伊地知さんやられてしまいましたね。

まだ五条先生を完全に封印できたわけではないと思われるので、希望はありそうですが、戦いがますます激しくなりそうですね。

まとめ

【呪術廻戦】92話渋谷事変⑩のネタバレと感想!

・伊地知がサイドテールの呪詛師に刺されてしまう

・虎杖が五条が封印されたことを大声で知らせる

以上が92話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の93話のネタバレと感想をチェック!