【呪術廻戦】95話渋谷事変13のネタバレと感想!

【呪術廻戦】95話渋谷事変13のネタバレと感想!

94話渋谷事変12の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】95話渋谷事変13のネタバレ!

回想で猪野と七海は焼肉を食べに来ていました。七海が、何故私の推薦にこだわるのですか。君の術式なら準一級くらいすぐなれます。と言うと、猪野はやっぱ筋って大事だと思うんスよ。特に呪術師みたいに血生臭い職業は。でも俺は頭悪いから筋の通し方が分からなくなることがある。だから迷った時こう考えるんです。七海さんならどうするか、それで七海サンに認められずに一級ってのは嘘でしょ。と言います。

現実に戻り猪野は、ボチボチ俺も一級術師になっちゃうぞと言いながら、来訪瑞獣 一番・獬豸を発動します。獬豸の追尾でオガミ婆の孫の腕に攻撃が命中します。

来訪瑞獣とは降霊術で、顔を隠すことで自らが霊媒となり、四種の瑞獣、獬豸・霊亀・麒麟・龍の能力を降ろし使用することができます。

猪野は、七海サンに任された以上2人を放ってはおけねぇが、かといってコイツら引き連れていくのも違ぇよな。ベストは瞬殺して後輩ちゃんズと合流だと考えていました。

来訪瑞獣を見て孫が、婆ちゃん今のと言うと、オガミ婆はあぁ、奇遇よのと言います。猪野は事実に即し自分を律する。慢心はないと考えながら、二番・霊亀(れいき)を出そうとしていました。

一方、虎杖と伏黒は呪詛師と戦っていました。虎杖の全力の拳と玉犬の爪が粟坂に命中します。さらに虎杖と伏黒が攻撃をしますが、粟坂は平気そうにしています。

粟坂の小刀で虎杖に攻撃をし、虎杖の腹部を軽く切りますが、伏黒の蝦蟇の舌で粟坂は飛ばされていきます。粟坂は、元気元気、将来有望、殺り甲斐があると言い、また起き上がります。虎杖と伏黒はなんでダメージがねぇんだよと驚いていました。

猪野が攻撃を仕掛けますが、孫がオガミ婆を守ります。猪野は、見立て通り大して強くねぇ。だが何が何でも身を挺してババアを守りやがる。何かある、急いだほうがいいなと考えていました。

オガミ婆の雰囲気が変わっていきます。オガミ婆がもうええぞと言い、孫は分かって流よ、婆ちゃんと言って何かを飲み込みます。猪野が獬豸で防ごうとすしますが、間に合わずオガミ婆は、禪院甚爾とつぶやきます。すると、孫の顔が禪院甚爾に変わっていったのです。

というところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】95話渋谷事変13の感想!

悠二くん達と戦っている粟坂に攻撃が効いていないように見えるのも気になりますね。

そして最後の伏黒パパが現れると言うのもかなりヤバイ状況ですよね。

まとめ

【呪術廻戦】95話渋谷事変13のネタバレと感想について

・粟坂と対峙する虎杖と伏黒だが攻撃が粟坂に通じない

・オガミ婆と孫の術式?によって孫が禪院甚爾に変身する

以上95話についてでした。

次回呪術廻戦の96話のネタバレと感想をチェック!