【呪術廻戦】107話渋谷事変25のネタバレと感想!

【呪術廻戦】107話渋谷事変25のネタバレと感想!

106話渋谷事変24の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】107話渋谷事変25のネタバレ!

直毘人と戦っていた呪霊は特級呪霊で、大量の水を出します。その水はかなりの量で、地下だったら完全に詰む程の量でした。特級呪霊は陀艮(だごん)と名乗り、直毘人・七海・真希が連続で攻撃しますが、真希の攻撃が受け止められてしまいます。

直毘人が助けようと、陀艮をカード状にして叩き割っていきます。3人で攻撃を畳み掛けても陀艮にダメージは与えられませんでした。七海は陀艮をHPが果てしない感触と感じていました。

真希は先ほど直毘人が術式を出していなければ、自分が死んでいた状況を恥じていました。陀艮は水の防壁を出して守りを固めています。直毘人たちは大技を出される前に陀艮を潰そうと、3人で一斉に攻撃を仕掛けていきます。直毘人は速度で潰すと思っていました。

陀艮は空中に逃げ出しますが、直毘人は読んでおり、回り込んで叩き落とします。陀艮に術式を発動させる隙も与えないほどの速さで直毘人は連続で攻撃を仕掛けていく。追い詰められた陀艮は領域展開を発動。直毘人を領域内に閉じ込めたのです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】107話渋谷事変25の感想!

特級呪霊相手だとなかなか厄介ですね。

直毘人さんが真希さんを守るところは良かったですね。

直毘人さんは陀艮とどう戦うのでしょうか?

まとめ

【呪術廻戦】107話渋谷事変25のネタバレと感想についてでした。

・直毘人と陀艮が対峙

・陀艮が領域展開を発動

以上107話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の108話のネタバレと感想をチェック!