【呪術廻戦】108話渋谷事変26のネタバレと感想!

【呪術廻戦】108話渋谷事変26のネタバレと感想!

107話渋谷事変25の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】108話渋谷事変26のネタバレ!

陀艮は領域展開蕩蘊平線を発動し、真希と七海は魚の式神に襲われるが、当たるまで気づくことができませんでした。真希は、式神!コレが領域の必中!当たるまで気づかなかった・・・いや当たるまでそこに存在しなかったのか!と思います。

直毘人は秘伝落花の情という御三家に伝わる対領域の術で、式神を防いでいました。落花の情は簡易領域のように自ら領域を展開せず、必中の式が発動し触れた瞬間、カウンターで呪力を解放し身を守るものです。

陀艮は、直毘人に7:七海に3の力配分で行くことを決め、死累累湧軍(しるるゆうぐん)を発動します。七海は真希に、触れられたと感じたら片っ端から叩き落として下さいと伝えますが、その瞬間七海は式神に食われてしまいます。

落花の情で式神を防ぐ直毘人もマズイと感じていました。陀艮が出す式神の勢いが一向に衰えない、まさかこの領域に付与された術式は・・・と思っていたら、陀艮の拳で直毘人が吹き飛ばされてしまいます。

陀艮の死累累湧軍は、際限なく湧き出る式神とのことだったのです。真希に対しては式神を使わず、直接蹴り飛ばしていきます。真希は、弱ぇって言うならよぉ一撃で殺せやタコ助と言います。

真希は伏黒と合流して、強力な呪具を受け取らずに来てしまったことを内心後悔していましたが、そこに伏黒が嵌合暗翳庭の領域展開で割り込み、真希に特級呪具遊雲を渡すのでした。

真希が特級呪具遊雲を受け取りながら、オマエって奴は本当にクソ生意気な後輩だよ・・・!と言ったところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】108話渋谷事変26の感想!

直毘人さんやナナミンが苦戦を強いられるなんて、陀艮強いんですね。

最後の伏黒君かっこ良かったですね。

まとめ

【呪術廻戦】108話渋谷事変26のネタバレと感想についてでした。

・陀艮は領域展開蕩蘊平線を発動、直毘人と七海も苦戦を強いられる

・黒が嵌合暗翳庭の領域展開で割り込み、真希に特級呪具遊雲を渡す

以上108話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の109話のネタバレと感想をチェック!