【呪術廻戦】115話渋谷事変33のネタバレと感想!

1月 31, 2021

【呪術廻戦】115話渋谷事変33のネタバレと感想!

114話渋谷事変32の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】115話渋谷事変33のネタバレ!

宿儺がそんなものか!?呪霊と言うと、漏瑚はまだ・・・まだぁ!!!と叫びます。漏瑚は両手から技を放とうとすると、一瞬で両腕を切断されてしまいます。

漏瑚は、夏油から言われた甘く見積もって8・9本分ってとこかなという言葉を思い出しながら絶望していました。漏瑚は建物を燃やし、極ノ番(ごくのばん)・隕(いん)を放ちます。

日下部とパンダは、特級呪霊同士の戦いを見てその場から逃走しようとします。呪詛師は阻止しようとしますが、日下部のシン・陰流”抜刀”で敵を斬り捨てます。

日下部は呪詛師たちに特級同士が殺り合ってる。蟻んこの上で象がタップダンス踊ってんの。さっさと逃げるぞと言いますが、宿儺が現れ、ならんと言います。

宿儺はその場にいる全員によしと言うまで動くのを禁じ、漏瑚が放った極ノ番”隕”が近づいてきて、ギリギリまで引きつけたところでよしと言います。その瞬間全員がその場から離れていきます。

漏瑚が放った極ノ番”隕”がビルを焼き払いますが、宿儺には全く当たらず、ダメージを与ることができません。宿儺は、興が乗ってきた所だ。オマエの得意で戦ってやろうと言い、■開(フーガ)とつぶやくと手から炎を出します。

漏瑚は宿儺の術式は切断や斬撃の類だと思っていましたが、そうではなかった様です。宿儺が、構えろ。火力勝負といこう。と言ったところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】115話渋谷事変33の感想!

平和な戦いをしようと思っていた日下部さんに、呪霊の王と特級呪霊が関わって来ましたね。災難ですね。

それにしても指を与られた宿儺めちゃめちゃ強いですね。漏瑚は一撃を与えられるのでしょうか?

まとめ

【呪術廻戦】115話渋谷事変33のネタバレと感想についてでした。

・日下部・パンダ・呪詛師のもとに宿儺と漏瑚が現れ、戦いに巻き込まれる

・宿儺は炎の技で漏瑚と対峙する?

以上115話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の116話のネタバレと感想をチェック!