【呪術廻戦】122話渋谷事変40のネタバレと感想!

【呪術廻戦】122話渋谷事変40のネタバレと感想!

121話渋谷事変39の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】122話渋谷事変40のネタバレ!

虎杖と真人は渋谷駅道玄坂改札で戦いを繰り広げていました。真人は改造人間を撃ち出して攻撃します。さらに攻撃を放ちますが、虎杖に見切られた真人はヤバッと言い、虎杖から距離をとります。

真人はリスクの冒し所をトチると死ぬな、改造人間主体で攻めるかと考えており、虎杖は、時間差変形・自切・切合、前より手数が増えてるなと感じていました。

真人は、改造人間を使う理由はリスクヘッジだけじゃないと考え、姿をくらまします。虎杖が真人を追っていると、2人の男が近づいてきました。

男たちは虎杖に、学生!?おいコッチ来いよ!そっち化け物だらけで危ねぇぞ!と言います。

虎杖は真人は上かと考え、男たちにゴメン、今渋谷に安全な所はないからできるだけ・・・と言おうとすると、男の口から真人の巨大な手で虎杖は殴られます。

真人はちょっとさぁ、想像力足りてないんじゃない?と言い、もう一人の男を変形させ剣を生成していきます。

真人は、虎杖の魂には改造人間の方が効く。そして俺達はもう一枚ダメ押しのカードを手に入れると考えます。

ここで真人の回想が始まります。真人は陀艮に喰っちゃってよ、邪魔だからと大量の人間を食べさせます。俺はもう十分ストックしたしB5F以外の人間は好きにしていいよ。じゃ虎杖殺しまSHOW再開ねと真人は言います。

漏瑚はならんと止めますが、真人は漏瑚、捕まえてごらんと分裂していきます。本体は地下を担当し、生み出した分身には地上に向かわせます。真人は二手に別れ、改造人間で漏瑚たちの行く手を塞いでいきます。

一方、真人の分身は道玄坂小路で釘崎と対峙していました。真人の分身は参ったなぁ。俺って有名人?と言い、釘崎はあぁ、尻尾巻いて逃げたってなと笑います。

真人と対峙する釘崎はコイツの術式、魂うんぬんって話と手に触れるなって話よねと考えながら、黒閃を発動した時の感覚を思い出そうとしていました。

釘崎は釘を放ちますが、真人にはまったく当たりません。ですが、釘崎の狙いは真人の背後の建物の看板で真人の目の前に看板が落ちてきます。看板に蹴りを放ち、そこに残した釘で簪を発動させ、真人にダメージを与えていきます。

真人は基本効かないんだよねと言います。真人は、口振りからしてアイツと親しいんだろうな。この女の死体を晒して虎杖悠仁の魂を折ると考えていました。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】122話渋谷事変40の感想!

戦いが激しくなるかと思いきや、まさかの真人逃亡しましたね。

そして真人の分身が野薔薇ちゃんと対峙していますね。どうなっちゃうんでしょうか。

まとめ

【呪術廻戦】122話渋谷事変40のネタバレと感想についてでした。

・真人は虎杖と対峙し、虎杖の魂には改造人間の方が効く。そして俺達はもう一枚ダメ押しのカードを手に入れると考える

・真人の分身と釘崎が対峙する

以上122話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の123話のネタバレと感想をチェック!