呪術廻戦2クールEDは虎杖悠二の存在しない記憶?相合傘の意味は?

呪術廻戦も2クール目が始まり、いよいよ京都姉妹校交流会編が始まりましたね。

2クール目に入ったことでOPもEDもすっかり変わりましたよね。

しかもOPは主要登場人物がほぼみんな喪服を着ていて、しかも五条先生が花束を持っていましたよね。もう不穏な空気しかしないですよね、渋谷事変のこととか・・・。

そんなOPと違いEDは一見バラード系で癒しや感動させにきているのかな?と思いますが、実は存在しない記憶なのではないか?と話題になっているようです。

呪術廻戦2クールEDは虎杖悠二の存在しない記憶なのか?考察やネット上の意見をみてみたいと思います。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

呪術廻戦2クールEDは虎杖悠二の存在しない記憶なの?

呪術廻戦2クールのEDは登場人物全員が冬服を着ていたり、落ち葉集めをしている描写があったり、虎杖悠二の吐く息が白いことから冬(おそらく11月〜12月)であることがわかります。

EDの内容は冒頭、五条が虎杖・伏黒・釘崎の1年たちに手を振っているところで、海岸に移動し、東京校の1年と2年が集まって虎杖が写真を撮るといった描写なのですよね。

ただこの何気ないEDの風景、時系列から言ってあり得ないんですよね。

なぜならハロウィンの夜に渋谷事変というものが起こるのですが、その展開から言って、このEDのような平和な日常は存在しないのです。

しかもED曲のタイトルは”give it back”つまり”返して”なのです。

今までの平和で穏やかな日常を返してという意味合いなのでしょうね。

そして存在しない記憶に関わりがある人物といえば、虎杖悠二なんですよね。

つまりこのEDは、虎杖悠二が見せている存在しない記憶なのではないか?と思われるのです。

呪術廻戦の最初のOPでも虎杖悠二が吉野順平と仲睦まじくしているシーンがあって、それも存在しない記憶なのでは?と考察されていましたよね。

なのでおそらくこのEDも存在しない記憶なのではないかと思われます。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

呪術廻戦2クールEDのリカと乙骨の相合傘について

EDの映像で教室の机にリカと乙骨の相合傘が一瞬映るのですが、話題になっていますよね。

しかもこれ単純に乙骨くんとリカちゃん仲良いなぁとと思いがちですが、傘の三角のところに線が入っているので”別れる”という意味にもなるそうなんですよね。

そうなると深いなぁと色々考察してしまいますよね。

相合傘についてもネット上で色々と考察がされていました。

呪術廻戦2クールEDについてネット上の反応は?

呪術廻戦2クールのEDについてネット上の反応はどうなのでしょうか?

https://twitter.com/A_poko0v0/status/1358123499802427393

2クールのEDを見てしんどいという人大勢いました。

まあ私も本誌の渋谷事変の内容を見てしまってそのしんどいうちの1人なのですが・・・。

この先どうなっちゃうんだろうという心配ばかりがよぎります。

まとめ

以上、呪術廻戦2クールEDは虎杖悠二の存在しない記憶?乙骨とリカの相合傘についてでした。

EDの映像はおそらく虎杖悠二の存在しない記憶だと思われます。相合傘もそうですが、一つ一つ考えさせられるものばかりですね。