【呪術廻戦】138話禪院家のネタバレと感想!禪院直哉が登場!

【呪術廻戦】138話禪院家のネタバレと感想!

137話堅白の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】138話禪院家のネタバレ!

場面は禪院家に変わり、次期当主である直哉が登場します。禪院直哉は特別一級術師です。直哉は従者の女性と歩きながら、で死んだん?真依ちゃんと話しかけています。

女性は死にかけているのは真依ではなく真希だと言います。続けて今は当主である直毘人を心配すべきだと言います。

それを聞いて直哉は死にかけているのが真希で良かったと言います。直哉は真希が男を立てずに、自ら禪院家の当主を目指す姿勢に嫌悪感を抱いていたのです。

妹の真依は自身が女性であることを心底理解しているので好意的なようです。目的の部屋についたようで、そこには禪院扇と禪院甚壱がいました。

扇は直哉に遅いぞと言います。直哉はへらへら笑いながら二人に謝り、自分が来ても来なくても自分が禪院家次期当主であることに変わりはない。自分の兄たちはポンコツ、叔父であり直毘人の弟である扇はパッとしない。扇の娘の真希・真依は論外。

甚壱に関しては顔がダメ。甚爾と顔が逆だと良かったのにと煽ります。それを聞いて扇と甚壱は直哉に攻撃しますが、直哉はそれを回避します。するとフルダテが現れます。

フルダテは直毘人が今亡くなったということを知らせ、直毘人から遺言を預かっており、遺言を読み上げます。遺言の内容は3つあります。

1つ目は27代目当主を直哉にするということです。

2つ目は高専・禪院忌庫に保管されている呪具を含めた全財産を直哉が相続します。その運用には扇・甚壱いずれかの承認が必要となります。

3つ目は何らかの理由で五条悟が死亡または、意思能力を喪失した場合、伏黒甚爾との誓約状を履行し、伏黒恵を禪院家に迎えて当主とし、全財産を譲るものとする。

とありました。直哉は恵に当主の座が奪われる可能性があると分かり、ものすごい形相で睨み付けていました。

部屋を出た直哉は従者の女性に扇と甚壱はあかん。よぉ知らんガキが当主になっても、俺よりマシやと考えて何もせんつもりや。恵は今どこで何をしている?と女性に聞きます。

女性は、恵は現在、東京で虎杖悠二捜索の任に当たっていると答え、直哉は宿儺の器・虎杖と恵の2人を殺害しようと決意します。今の東京は魔境で、人が死んでもおかしくないというこの状況を利用しようとしています。そして直哉は東京へと向かったのです。

一方、荒廃した東京で九十九はおそらく虎杖に対してと思われますが、謝罪の言葉を述べていました。偽夏油に襲われていたあの時、君たちを助けるか迷ったのだと言います。

呪霊が解き放たれ、ここまで事態が進んでしまったのであれば、一度泳がせて様子を見るべきなのではないかと九十九は考えていたのです。九十九は虎杖たちの味方ではなく、ただ世界から呪霊をなくしたいだけのしがない美女なのさと語ります。

九十九は私もいい加減、天元と向き合わないとねと呟き、君はどうする?と虎杖に問いかけます。

場面は変わり、どこかの施設の階段で虎杖は顔をうつむかせて、階段に座り込んでいました。そこに脹相が来て、怪我はどうか?と尋ねます。虎杖は、黒閃を喰らった箇所以外は平気で、怪我の治りが早いのは宿儺の力が大きくなっている影響だと言います。

脹相は虎杖に高専に戻っていいぞと言います。脹相も焼相たちの亡骸を回収したいようです。虎杖は、宿儺が伏黒を使って何かしようとしていることや、この戦いでたくさんの人を殺してしまったことから、自分が人を殺すリスクがある以上、もうみんなとは一緒にいられないと言います。

虎杖は脹相こそ自分(虎杖)と居ていいのか?壊相と血塗を殺したのにと聞きます。脹相は2人の弟の死を事故と判断しているため、虎杖を責めません。虎杖は兄弟なのです。

虎杖は脹相に行こう。今はとにかく呪霊を減らさないとと言います。ですが、虎杖の前には乙骨太と禪院直哉が迫っていたのです。

というところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】138話禪院家の感想!

新キャラ?である禪院直哉が出てきましたね。またこのキャラも今の時代だと叩かれそうなキャラですね笑

そしてやはり直毘人さん亡くなってしまいましたね。

それにしても直毘人さんが、恵くんのことを当主に迎える気があるとは驚きでした。

虎杖くんは結構心にダメージを負っていますね。お願いだから乙骨先輩、今殺そうとしないで。

まとめ

【呪術廻戦】138話禪院家のネタバレと感想についてでした。

・禪院直毘人が亡くなり、直毘人の遺言により直哉が次期当主になるが、五条が死亡または、意思能力を喪失した場合は伏黒恵が次期当主となる

・九十九が本心を虎杖に語る

・虎杖は(宿儺が)人をたくさん殺したことを気に病み、高専に帰れずにおり、脹相と呪霊狩りに勤しんでいた

・虎杖を殺そうと乙骨と直哉が迫っていた

以上が138話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の139話のネタバレと感想をチェック!