【鬼滅の刃】宇髄天元の過去や弟は?最後は柱を辞める?引退後を調査!

鬼滅の刃の遊郭編のアニメ化が決定され、盛り上がっていますよね。

その遊郭編で大いに活躍するのが、音柱の宇髄天元(うずいてんげん)なのですが、宇髄さんの過去が壮絶だったりします。

そんな宇髄天元の過去や弟、最後は柱を辞めるのか?引退後は何をしているのかについて調べていきたいと思います。

ネタバレを大いに含みますので、ご注意ください。

【鬼滅の刃】宇髄天元のキャラについて

名前:宇髄 天元(うずい てんげん)
年齢:23歳
誕生日:10月31日
身長/体重:198センチ/95キロ
階級:柱(音柱)
趣味:嫁と温泉巡り、秘湯を探すこと
好きな食べ物:ふぐ刺し

外見は、額に派手な装飾のあるアクセサリをしており、腕に金色の輪っかをつけています。鬼殺隊の隊士や柱の中では珍しい二刀流の持ち主です。

性格はとにかく派手好きで、外見も派手ですが、中身も派手好きなようで、鬼を殺すのに、派手に首を斬って、誰よりも血飛沫を見せてやりたいという発言をしており、とにかく外も中も派手なのが好きだというのは伝わってきますよね。

派手好きなバトルマニアなのかな?と思いきや、嫁が3人いて3人の嫁にかなり慕われていたり、嫁のためなら死んでも構わないという潔さも持っていて、性格もイケメンであることがうかがえます。

【鬼滅の刃】宇髄天元の過去や弟はどうしてる?

そんな派手好きの宇髄天元ですが、派手な容姿や性格とは裏腹に、辛い過去があります。

宇髄天元は元忍で、忍び一家で育ちました。宇髄の父親は、忍者が滅びかけているこの時代に焦りを感じており、自分の子供たちにかなり凄惨な訓練を課してきました。

修行が過酷すぎて、天元と共に過酷な訓練を受けた兄弟のうち3人が10歳に満たないうちに死んでゆき、残った6人も父親の命令で覆面をして相手が誰かわからずに、兄弟で殺し合いをさせられます。

皮肉にも天元は兄弟を2人殺してしまった後で、自分が殺したのが兄弟だと気付いてうろたえます。

他にも1人、天元の2歳下の弟が残っていましたが、弟は父親のやり方を疑うどころか、父親の生き写しのように育ってしまっていました。

何の躊躇もなく天元に刃を向ける弟に対し、天元は弟とは戦わずに3人のクノイチと共に逃げて抜け忍となります。

ところで気になるのが生き残った天元の弟についてですが、天元の弟は現在どうしているのでしょうか?

現在、鬼滅の刃は完結していますが、天元の弟についての情報は出てきません。

天元は、優しすぎるがゆえ、父親と弟を殺すことが出来ませんでした。

鬼殺隊が頑張っていたとはいえ、鬼が蔓延っていたので鬼に襲われる可能性もありますが、天元と2人だけ生き残ったほど強い忍なので、万が一鬼に襲われても簡単には死なないのではないでしょうか?

そして天元の弟は、忍一族の新たな当主となったのではないでしょうか?

宇髄天元は最後は柱を辞める?引退後は何をしてる?

宇髄天元の最後はどうなったのでしょうか?柱を辞めているようですが、引退後は何をしているのでしょうか?

宇髄天元は、上弦の陸の鬼・墜姫と妓夫太郎との戦いで、左手と右目を失ってしまいます。上弦の陸を倒した代償はかなり大きく、音柱が現役を引退せざるを得ない傷を負わせたのです。

これからの戦いは、鬼舞辻に近く戦いになります。となると、今まで以上に強い鬼たちと戦わなくてはなりません。

いくら柱とは言え、足手まといになってしまいます。それは蛇柱・伊黒小芭内にもネチネチと指摘されていました笑

そのことを瞬時に把握していた宇髄天元は、潔く鬼殺隊を引退することを決め、お館様に許しをもらいにいきます。

そして引退後の宇髄天元は、柱稽古で久しぶりに出てきます。柱稽古で宇髄は、炭治郎たちに基礎体力の向上をしてもらうため、これまたスパルタで稽古をつけていました。

その後の最終戦の無限城編では、元炎柱・煉獄槇寿郎と共に産屋式家の護衛を担当していました。やはり宇髄さんはいざという時頼りになる男ですよね!

決戦が続くようなら、音の呼吸を教える育てになっていたかも知れませんが、みんなで鬼舞辻を倒した後は3人の嫁たちと余生を楽しんでいるかも知れませんね!

まとめ

【鬼滅の刃】宇髄天元の過去や弟は?最後は柱を辞める?引退後は何をしている?についてでした。

・宇髄天元の過去は壮絶で、父親の行き過ぎた修行により兄弟と殺し合いをしていて、それに気付き抜け忍となった。

・天元の弟について触れられていないが、忍一族の新たな当主になったのではないか?

・上弦の陸の鬼・墜姫と妓夫太郎との戦いで左手と右目を失い、鬼殺隊を引退する

・引退後は、炭治郎たち鬼殺隊員に柱稽古をつけたり、最終戦で産屋式家の護衛をしていた