【鬼滅の刃】宇髄天元は髪を下ろすと超イケメン?腕につけてる輪を調査!

鬼滅の刃の遊郭編のアニメ化が決定され、盛り上がっていますよね。

その遊郭編で大いに活躍するのが、音柱の宇髄天元(うずいてんげん)なのですが、元からイケメンの宇髄さんは髪を下ろすと超イケメンだったりします。また、腕に金色のような大きい輪をつけていますよね。

宇髄天元は髪を下ろすと超イケメンな原作のシーンや、腕につけてる輪を調べていきたいと思います。

ネタバレを含みますので、ご注意ください。

【鬼滅の刃】宇髄天元のキャラについて

名前:宇髄 天元(うずい てんげん)
年齢:23歳
誕生日:10月31日
身長/体重:198センチ/95キロ
階級:柱(音柱)
趣味:嫁と温泉巡り、秘湯を探すこと
好きな食べ物:ふぐ刺し

外見は、額に派手な装飾のあるアクセサリをしており、腕に金色の輪っかをつけています。鬼殺隊の隊士や柱の中では珍しい二刀流の持ち主です。

性格はとにかく派手好きで、外見も派手ですが、中身も派手好きなようで、鬼を殺すのに、派手に首を斬って、誰よりも血飛沫を見せてやりたいという発言をしており、とにかく外も中も派手なのが好きだというのは伝わってきますよね。

派手好きなバトルマニアなのかな?と思いきや、嫁が3人いて3人の嫁にかなり慕われていたり、嫁のためなら死んでも構わないという潔さも持っていて、性格もイケメンであることがうかがえます。

宇髄天元は髪を下ろすと超イケメン?

宇髄天元は髪を下ろすと超イケメンと話題になっているようです。

アニメでは髪を束ねていますよね。では、宇髄さんはいつ髪を下ろすのでしょうか?

それは、宇髄さんは柱を引退してからです。

宇髄天元は、上弦の陸の鬼・墜姫と妓夫太郎との戦いで、左手と右目を失ってしまいます。上弦の陸を倒した代償はかなり大きく、音柱が現役を引退せざるを得ない傷を負わせたのです。

これから先戦いはさらに激しくなる、そう考えると宇髄さんの怪我は致命的なんですよね。もうこの先、柱としての役割は果たせない。そう悟ったのか宇髄天元はこの戦いを最後にあっさりと引退します。

そして引退後の宇髄天元は、柱稽古で久しぶりに出てきます。柱稽古で宇髄は、炭治郎たちに基礎体力の向上をしてもらうため、これまたスパルタで稽古をつけていました。

その時宇髄さんは髪を下ろしています。豪華な宝石が散りばめられた額当てはしておらず、その代わりに左目に眼帯を当てており、眼帯に宝石が散りばめてあります。確かに超イケメンですよね!

腕につけてる輪は?

宇髄天元が腕につけてる輪は何でしょうか?理由があるのでしょうか?

今のところ公式やファンブックなどでは触れられていないようですね。

宇髄さんは、上腕の部分と手首にも金色の輪をつけていることから、派手好きな宇髄さんらしいアクセサリなのではないかな?と思います。

宇髄さんといえば派手好きで額当ても豪華な宝石が施されているし、額当ての両端からジャラジャラとした宝石のようなものが下がっていますからね。おまけにマニキュアまでしていて、鬼殺隊の中でも間違いなくオシャレな方ですよね。

また、上腕に輪をつけることによって、鍛え上げた筋肉がなお強調されるのではないでしょうか?筋肉隆々で、血管も浮いていて、思わず目が宇髄さんの腕にいきますからね。

ちなみに宇髄さんがこんなに派手好きになったのは、元忍で忍一家で育ったのですが、過酷な訓練で地味な生活を送っていた反動からなのだそうですよ。まあ忍が派手だったら忍んでいる意味がないですからね笑

まとめ

【鬼滅の刃】宇髄天元は髪を下ろすと超イケメン?腕につけてる輪を調査!