【刀剣乱舞】秘宝の里は花札のルールは知らなくても大丈夫?遊び方は?

刀剣乱舞、秘宝の里が始まりましたね。

村雨江ゲット目指してまた頑張りたいところですね。

ところで秘宝の里いつもと仕様が変わっていて、戸惑いませんでしたか?

私は花札とかしたことがないので、刀剣乱舞のゲームを開いてこんのすけの説明が全然理解できなかったです笑

とりあえず難易度・難までやってみましたが、花札のルールが全くわからない私でもできました!

ということで、今回の刀剣乱舞の秘宝の里がどのようになっているのか、ざっくりとみていきたいと思います。

【刀剣乱舞】秘宝の里は花札のルールは知らなくても大丈夫?遊び方は?

まずは難易度を選んでいつもの通り進みます。

最初1マス目を進むといつもの通り戦闘が開始されます。勝利すると、札の獲得画面が出て、勝利報酬の札がもらえます。完成した役があった時のみそれに応じての玉がもらえて、役なしだと役達成報酬は0となっております。

次に決行を押すと以下のような画面になります。

すると花札が2枚現れて、どちらかを選ぶようになっています。

試しに左の花札を選択すると猪鹿蝶とタネになるということが、下の方を見ればわかります。

右の花札を選択するとカスの花札であることがわかります。

優先順位としては左上にある五光が一番玉の報酬良くて、カスが一番玉の報酬が悪いという順番になります。

なので順番的には五光、四光、三光、月見酒、花見酒、青短、赤短、タン、猪鹿蝶、タネ、カスとなりますね。

まあ名前からしてカスが一番報酬が良くなさそうというのはニュアンス的にわかりますよね。

ということはこの二択の場合、左の花札(猪鹿蝶とタネになる)を選べばよいですね!

同じように進むと今度は花札が3枚になりました。

一番左の花札はカス

真ん中もカス

一番右の花札は赤短とタンであることがわかりますね。

なので一番右の花札を選びます。

進むと次は、一番左が青短とタン

真ん中の花札が赤短とタン

一番右の花札がタンですね。

ここで選ぶとしたら選択肢がより多い、左の青短とタンになる花札と真ん中の赤短とタンになるものを選んだ方が、より報酬がもらえそうですよね!

今のところは青短も赤短も同じ1枚という枚数なのでどちらを選んでも大丈夫ですが、どちらかが(例えば赤)2枚だった場合はそちらを選べば、その報酬がもらえるので赤を選んだ方が良いですね。

私はここでは枚数も一緒だったので赤短とタンの真ん中の花札を選びました。

敵を倒すと上記のような画面が出ました。

敵を倒すと札の獲得が出来て、今回はたまたま赤短とタンが揃ったようです。

なのでそれに応じた役達成報酬として玉を90個獲得しました!

役が揃ったのであがりかこいこいか選ぶ画面になります。

めんどくさかったので私はあがりにしました笑

あがりを選択し、大ボスと戦って勝利した後は2枚札を選びます。

2枚選んだ結果、タンが揃ったようでここでも役達成報酬として玉を15個ゲットできました。

難易度・難を一通りやってみたらこんな感じでした。

なので花札を全く知らない人でもできます!

ちなみにプレイ中に遊び方が確認できるようになっていて、遊び方というボタンをクリックすればいつでも下の画面の遊び方が出てきます!

 

公式の遊び方の表にもまとめてありますが、五光が250、四光が120、三光が75、月見酒が75、花見酒が75、青短が75、赤短が75、タンが75、猪鹿蝶が75、タネが15、カスが15個役達成報酬をもらえるようです。

ちなみに役達成効果もあって、五光が刀剣男士のの生存を回復、四光・三光・月見酒・花見酒が刀剣男士のの生存を少し回復、青短・赤短が刀装の兵力を回復、猪鹿蝶が刀装の兵力を少し回復するというものです。

秘宝の里の回復機能はありがたいですね!

まとめ

以上、今回の刀剣乱舞の秘宝の里の花札のルールは知らなくても大丈夫?についてでした。

・花札のルールは知らなくても遊べる

・花札を選択すると何になるか自動で出る

・最悪カスを選んでしまっても15個ゲットできる