葬送のフリーレンのアニメ化はいつ?放送日や原作漫画のどこまで?

葬送のフリーレン面白いですよね。

このマンガがすごい!2021のオトコ編に選ばれたことから、読んだことはなくても名前だけは聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

タイトルが葬送というだけあり、誰かを送る話なのかな?ということもなんとなく想像がつきますよね。

色々とメディアに取り上げられていて、アニメ化秒読みと思われますよね。

そんなわけで早速、葬送のフリーレンのアニメ化はいつなのか?放送日や、原作漫画のどこまで放送するのかについて調べていきたいと思います。

葬送のフリーレンのあらすじ!

魔王を倒した勇者一行の後日譚を描いたファンタジーです。

魔王を倒した勇者一行の魔法使いのフリーレンはエルフで、偉業を成した勇者として称えられていましたが、エルフは長寿で、その10年ほどの冒険をあっという間の出来事に感じていました。

そんな中、50年に1度降ると言われる”エーラ流星”を4人で見た時に、50年後にまたみんなで今よりも綺麗に流星が見える場所で再開しようという話になりました。

50年が経ち、勇者一行は約束を果たしたのですがその後、人間である勇者・ヒンメルは亡くなってしまいます。

ヒンメルの葬儀に参列したフリーレンでしたが、フリーレンからしたらあっという間に亡くなりあまり実感が湧かず涙も流せずにいると、他の参列者から心ない言葉をかけられ、フリーレンはヒンメルや人間に対して何も知ろうとしなかったことに気づき、涙が流れたのでした。

そのことがきっかけとなり人間についてもっと知ろうと、フリーレンは旅立つことにしたのです。物語の終わりから始まる物語の幕開けですね。

ちなみに葬送のフリーレンの作者・アベツカサさんの公式ツイッターに葬送のフリーレンの1巻の2話くらいまでが無料で公開されていたりするので、気になっている方は見られてはいかがでしょうか?

葬送のフリーレンのアニメ化や放送日はいつ?

葬送のフリーレンのアニメ化はいつになるのでしょうか?また放送日はいつなのでしょうか?

葬送のフリーレンがアニメ化されるには、まず原作のストックがないといけないですよね。

原作漫画は、2021年3月時点で4巻まで発売されています。

1クールでの放送だとしても最低でも漫画6巻分くらいのストックは欲しいところですよね。

その最低分のストックが2021年以内にたまったとしても、そこからアニメ化するとなるとやはり1年くらいはかかりますので、早くても葬送のフリーレンのアニメ化は2022年末くらいになるのではないでしょうか?

葬送のフリーレンのアニメは原作漫画のどこまで放送する?

葬送のフリーレンがアニメ化するとしたら、原作漫画のどこまで放送するのでしょうか?

普通はアニメ1クールの放送で原作漫画の3巻分くらい進むので、葬送のフリーレンもアニメ化するとしたら原作漫画の3巻〜4巻くらいまで進むのではないでしょうか?

だとしたら、今漫画が発売されている4巻くらいまでは放送されそうですよね。アニメ化されるとしたら3巻か4巻の章区切りなど、キリの良いところまで放送されそうですね。

葬送のフリーレンが2クールもしくは、分割2クールでアニメが放送されるのだとしたら、やはり原作漫画の6巻〜7巻くらいまでストックは欲しいですね。

まとめ

葬送のフリーレンのアニメ化はいつ?放送日や原作漫画のどこまでについてでした。

冒険にスポットライトが当たったり、転生者などはよく見ますが、冒険が終わった後のしかも、仲間が亡くなってからの話や、長寿のエルフがメインとして描かれるのは珍しいですよね。

フリーレンのクールに気取った感じや魔法使いとしての知識、優しい性格などが漫画を少し読むだけでも、とても垣間見える作品です。

仲間が寿命を迎えて亡くなったことがきっかけで、人間について知ろうとするフリーレンの成長や変わっていく様子を見守っていきたいと思います。

原作のストックもまだ多いとはいえないので、アニメ化はもうちょっと先になりそうですが、アニメ化情報を楽しみに待ちたいと思います。