【ひげひろネタバレ】さゆ(沙優)の過去が壮絶!家出の理由は?

5月 12, 2021

ひげひろ、意外と面白いですよね。

”ひげを剃る。そして女子高生を拾う”という斬新というか、犯罪臭のするタイトルだなぁ〜と思いながら恐る恐る見てみましたが、いつの間にかハマり毎週見ちゃっています。

ところで、5話で吉田が後藤さんと夕飯を食べるということで、沙優ちゃんがせっかく上手に肉じゃが作れたのに・・・と落ち込みながらも一人で食べるという場面がありましたよね。

ふとまた”独り”に戻るのか。と沙優ちゃんが過去のことを思い出すのですが、トラウマなのか思い出したあと吐き気を催して戻しているシーンがありましたよね。

回想で出てきたのは沙優ちゃんと同じ学生でどうやら親しげなようでしたが、沙優ちゃんは過去に何があったのでしょうか?

ということで早速、沙優ちゃんの過去や、家出の理由を調べていきたいと思います。

【ひげひろネタバレ】さゆ(沙優)の過去が壮絶!

沙優は過去にどんなことがあり、北海道から家出をしてきたのでしょうか?

沙優は北海道の高校に通っていました。そんな中クラスで人気の男子生徒・斎藤から告白をされますが、沙優は特に恋愛感情も抱いていなかったので、告白を断ります。

斎藤はクラスで人気だったため、同じようなスクールカーストトップで斎藤のことを好きな結月という女子生徒から、沙優は嫌がらせを受けるようになってしまいます。

しかし、沙優は元々一人でいることを苦に思わない性格なため、あまり影響はありませんでした。

そんな中沙優は真坂結子という女子生徒に話しかけられます。沙優と結子は打ち解けてゆき、沙優にとって人生ではじめてと言える友達が出来たのです。

結子と友達になってから、沙優は笑うことが増えていきました。

ですが今度は結子が、スクールカーストトップの結月からいじめを受けてしまいます。結子は次第に精神を病んでしまいます。

そんな結子を守ろうと、沙優は必死になり、また沙優の笑顔が消えてしまったのです。

ある日、結子が学校を休みます。沙優はいつものように屋上で昼食を取ろうとします。屋上へ上がると、学校を休んだはずの結子がそこにいました。

そう、結子は飛び降り自殺をしようとしていたのです。沙優は、結子に飛び降りないよう必死に説得します。

しかし結子の意思は固く、沙優の目の前で結子は飛び降りてしまい、沙優は屋上から結子の死体を見下ろすことになってしまいます。

結子は、自分の存在が沙優を苦しめているとずっと思っていたのです。

唯一の友達を目の前で亡くした上、結子の飛び降り現場の目撃者ということもあり、周りに色々聞かれるのも嫌で、沙優は引きこもってしまいます。

以上が、沙優の過去にあったことです。いや、想像以上に重すぎてめちゃめちゃ辛いですね。

これは思い出しただけで、吐き気を催すほどのトラウマになって当たり前ですよね。

【ひげひろネタバレ】さゆ(沙優)の家出の理由は?

沙優にとんでもなく重くて辛い過去があったのはわかりましたが、家出の理由は一体何なのでしょうか?

学校に行っても唯一の友達は亡くなっているし、周りは騒いでるだろうし、沙優は家に引きこもってしまいます。

傷ついてずっと家にいる沙優に対し、沙優の母親は、本当にあなたが殺したんじゃないでしょうね?と言ったのです。

元々、沙優と母親には確執があったのですが、傷ついている娘を犯人扱いするという母親の心ない一言で、沙優は家出を決意したのです。

それで北海道を出て、今に至るのです。

さすがに元々母親と確執があったとは言え、これは酷すぎますよね。こんな状況じゃ家出せざるを得ないですよね。ほんといじめた生徒も母親も胸糞悪いです。

しかも沙優ちゃんは吉田に拾われるまで、今度は男の人から酷い目にあっているので、本当、吉田や吉田の会社の人たち、それにあさみちゃんに出会えて良かったですよね。

まとめ

【ひげひろネタバレ】さゆ(沙優)の過去が壮絶!家出の理由についてでした。

・沙優は目の前で唯一の友達を亡くしていた

・母親からあなたが殺したんじゃないか?と疑われた