禪院真希の強さや呪力がない理由は天与呪縛?乙骨先輩や伏黒恵との関係!

呪術廻戦面白いですよね!

主人公の虎杖くんはもちろん主人公の同級生や先輩たち、五条先生などみんなキャラが良いですよね。

2021年1月からは2クールが始まり、交流会編が放送されていますよね。

京都校のメンバーもなかなか個性派揃いですが、戦いながら成長していく感じが良いですよね。

呪術廻戦は女性キャラも魅力的で、中でも東京校2年の真希さんはかっこいいんですよね!

ということで今回は、禪院真希の強さや呪力がない理由は天与呪縛なのか?乙骨先輩や伏黒恵との関係について調べていきたいと思います。

ネタバレを含みますのでご注意ください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

禪院真希のキャラについて!

名前:禪院真希(ぜんいん まき)
等級:4級呪術師
身長:約170センチ
好きな食べ物:ジャンクフード

禪院真希は御三家・禪院家の生まれです。

禪院真希は生まれつき呪力が身体に宿っていないため、術式が扱えません。また、呪霊を視認できないため特殊な眼鏡で視認しています。

禪院真希には双子の妹・禪院真依がおり呪術高専京都校に通っています。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

禪院家との確執について

真希たちは生まれた時から術式が使えないことや、呪いも見えないことで噂されたりしていました。

おそらく真希たちは禪院家でコキ使われる日々を過ごしていたのでしょう。

真希はあのままじゃ私は私を嫌いになっていたと語っています。

ある日、禪院家26代目当主である禪院直毘人に家を出るといった真希。真希は禪院家当主になると言います。

すると禪院直毘人は笑い、ならばこちらも相応の試練を与えようぞと言ったのです。

それが禪院真希が本来2級呪霊でも難なく倒せる実力を所持しているのに、4級術師である理由です。

真希の昇級を阻んでいるのは禪院家ということです。

これが禪院家との確執なのですね。

真依との関係がギクシャクしている理由も、真希が家を出て行ったからなんですよね。真依は真希にただ隣にいて欲しかっただけだということが分かり、すごく切なかったです。

禪院真希の強さや呪力がない理由は天与呪縛?

禪院真希は呪力はありませんが、驚異的な身体能力を持っています。

具体的には銃弾を素手でキャッチしたり、銃弾を刀で切ったりしますね。

伏黒恵も虎杖の身体能力の高さを目の当たりにした時、真希先輩のような感じかと言ったセリフから分かるように、他の術師からも真希の身体能力の高さは認められていますよね。

禪院家のような御三家の生まれの人は通常、術式を生まれ持ってきます。双子の妹である真依も術式を生まれ持っています。

ではなぜ双子の姉である禪院真希は術式を生まれ持っていないのでしょうか?

それは天与呪縛によるものではないか?と思われます。

天与呪縛とは自らが自らに科す通常の縛りとは違い、生まれながら肉体に強制された縛りのことです。

真希の場合、本来生まれ持つはずの術式を持たない代わりに、驚異的な身体能力を生まれ持ったというわけなんですね。

禪院真希の所持する武器

禪院真希は術式がないので呪具を使って攻撃をします。

ちなみに三輪との戦いでは長物(大刀)を使っていました。

真希が使う呪具は、屠坐魔(とざま)、游雲(ゆううん)があります。

屠坐魔(とざま)は短剣のような形をした呪具で、等級は不明です。

屠坐魔は五条に貸し、五条が六本木の廃ビルに発生した低級呪霊を祓うため虎杖に貸しました。虎杖は少年院で特級呪霊と戦った際、屠坐魔を破壊してしまいます。

後に真希が虎杖に屠坐魔返せよと言った際、虎杖はとっさに五条先生が持ってるよと嘘をつきました。

游雲(ゆううん)は特級呪具で、売ると5億はくだらないそうです。攻撃力も非常に高く、特級呪霊でも軽々と吹き飛んでいくほどの威力があります。

真希は呪具の扱いはピカイチで、伏黒恵からも呪具の扱いなら学生一と言われるほどです。

禪院真希と乙骨先輩の関係は?

禪院真希と乙骨先輩はどんな関係なのでしょうか?

実家を出て真希は呪術高専東京校に入学し、パンダ、狗巻、乙骨と同級生になります。

乙骨と同級生なので、当然一緒に任務に出たりもしていました。

百鬼夜行が行われた際、呪術高専に侵入した夏油と真希は対峙することになります。

その戦いの結果、真希は腹部から出血し、足が千切れかけるほどの大怪我を負いましたが、乙骨の反転術式により生き延びたのです。

真希にとって乙骨は命の恩人なのですね。

禪院真希と伏黒恵の関係は?

禪院真希と伏黒恵はどんな関係なのでしょうか?

伏黒恵の父・伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)は禪院の出です。結婚して婿入りし、伏黒性を名乗っています。

なので禪院真希と伏黒恵は親戚なのです。

その禪院家の血筋であることから、伏黒恵が十種影法術という禪院家相伝の術式を使える理由はそこにあるのですね。

まとめ

以上、禪院真希の強さや呪力がない理由は天与呪縛なのか?乙骨先輩や伏黒恵との関係についてでした。

御三家の禪院家に生まれたプレッシャー、天与呪縛の影響などを乗り越えて今のカッコ良くて強い真希さんがいるんですね。