約束のネバーランド47話昔話のネタバレと感想!鬼と人間について!

1月 13, 2021

約束のネバーランド47話昔話のネタバレと感想!鬼と人間について!

約束のネバーランド46話ソンジュとムジカの記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

約束のネバーランドのアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

約束のネバーランド47話昔話のネタバレ!

エマ「30年前、人間に何があったの?世界は今どうなっているの?」

ソンジュ「何も。何も起きていない。ここは地球で、今は紛れもなく2046年。人間の暦の一つでな」

エマ・レイ「!?それじゃあ一体・・・」

ソンジュ「かつて、世界は広かった。当時はまだ農園も存在しない。広大な世界で、数多くいる人間を鬼は狩って食らい、暮らしていた。食うものと食われるもの。鬼を恐れ伏する人間もいれば、憎しみ逆に狩り殺す人間もいた。

人間はやがて食われるよりも多くの鬼を殺し、鬼も人間を憎むようになってしまった。終わらない殺し合い、果ての無い恐怖にお互い嫌気がさした頃に、人間側からの提案があった。

互いに殺し合わずに済むように、互いの世界を棲み分ける事。はるか昔に鬼と人間が結んだ約束。これにより世界は二つに切り分けられ、二つの世界は断絶した。

ここはその時分かれた鬼側の世界。そもそも人間の世界なんかじゃないんだよ。ついでに言えばお前達の祖先は、その時鬼の世界側に置いて行かれた土産ってわけだ。」

エマ・レイ「置いていかれた?」

ソンジュ「GFはその中でも最上級に位置する一つ。多種多数ある農園の最上位だ。取り決めからおよそ1000年世界の姿はほぼ変わらない。残念だがこれがお前達が生まれた、逃げてきた世界だ。」

レイ「ほんの30年なんかじゃない。ずっとずっと鬼の世界だったんだ。最悪、人間の生きる場所なんてどこにもないんだよ。」

「人間の世界が別にある。鬼がいない世界が他にあるんだよ。これで思う存分フィル達を迎えに戻れる!」とエマやレイは喜びます。

ですが、

ソンジュ「あ、いや、すごく伝え辛いんだが。人間の世界には渡れない道は閉ざされていて、二度と行き来出来ないと取り決めで決められている」

ソンジュの言葉を聞き、二人はあちらにいく方法を探してみつけるとあくまで前向きでした。そう、レイとエマには確信があったのです。ウーゴ冒険記やミネルヴァのメッセージが人間の作ったものだという確信が。

そして二人はやはりミネルヴァのところへ行く事は間違っていなかったんだと思います。

脱獄だ。抜け出そうみんなで。鬼の世界から。と言うところで終わりです。

約束のネバーランドの原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、約束のネバーランドの1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

約束のネバーランド47話昔話の感想!

やっと世界について触れられましたね。

まさか鬼と人間の世界に分かれていて、しかも祖先達が鬼側の世界に置いていかれた土産だったとは・・・。

それでもエマやレイは絶望するでもなく、しっかりと前向きに進もうとしていて本当に頼もしいですね。

まとめ

約束のネバーランド47話昔話のネタバレと感想!鬼と人間についてでした。

・昔、鬼と人間は広い世界で共に暮らし、狩りをしたりされたりという関係だった

・人間の提案で互いの世界を棲み分けることになる

・エマ達のいる世界は鬼側の世界で、先祖は鬼側の世界に置いていかれた土産だった

以上が47話の大まかな流れでした。

次回の約束のネバーランド48話のネタバレと感想をチェック!