【呪術廻戦】45話賢者のネタバレと感想!花御の目的とは?

2月 10, 2021

【呪術廻戦】45話賢者のネタバレと感想!花御の目的とは?

44話京都姉妹校交流会団体戦11の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】45話賢者のネタバレ!

呪霊討伐を示す呪符が全て赤色に燃えます。

冥冥はその様子を見て妙だな、鳥達が誰も何も見ていないと言うと、五条はGTGの生徒たちが祓ったって言いたい所だけど、未登録の呪力でも札は赤く燃えると言います。

庵が外部の人間、侵入者ってことですか?と質問すると楽巌寺は、外部であろうと内部であろうと不測の事態に変わるまい。アレを祓ったとなるとそれなりの手練、何者だ?と言います。

夜蛾は、俺は天元様の所に、悟は楽巌寺学長と学生の保護を、冥はここで区画内の学生の位置を特定、悟たちに逐一報告してくれと伝えます。

敵の呪詛師が帳を降ろします。帳を確認した庵が五条、帳が下りきる前にアンタだけ先に行けと言いますが、五条はいや無理と言います。五条は実質あの帳はもう完成してる。視覚効果より術式効果を優先してあるのかと考えていました。

五条は、ま、下りた所で破りゃいい話でしょと言いながら帳に触れますが、弾かれてしまいます。この帳、五条は弾かれますが庵はすんなり入ることができました。

五条は成程、歌姫、お爺ちゃん先に行って、この庵、五条悟の侵入を拒む代わりにその他全ての者が出入り可能な結界だと言います。庵が確かにそれなら足し引きの辻褄はあう。でも特定の個人のみに作用する結界なんて余程・・・と考えていました。

五条は余程腕が立つ呪詛師がいる。しかもこちらの情報をある程度把握してるね。ほら行った行った。何が目的か知らないけど一人でも死んだら僕らの負けだと言います。

一方、伏黒・加茂・狗巻の前には特級呪霊の花御がいました。伏黒は相手は領域を使うかもしれません。距離をとって五条先生の所までと言いスマホを出しますが、花御に一瞬で距離を詰められスマホを壊されてしまいます。

狗巻が動くなと花御に命じ、動きが止まった瞬間に加茂が苅祓(かりばらい)で攻撃します。さらに伏黒は鵺での奇襲と刀で斬りかかりますが、花御に全くダメージはありません。

花御は伏黒たち3人にやめなさい愚かな児等(こら)よ。私はただこの星を守りたいだけだ。森も海も空ももう我慢ならぬと泣いています。これ以上人間との今共存は不可能です。星に優しい人間がいることは彼らも知っています。

しかし、その慈愛がどれだけの足しになろうか、彼らはただ時間を欲している時間さえあれば星はまた青く輝く。人間のいない時間、死して賢者となりなさい。と言い、向かってきた所で終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】45話賢者の感想!

呪符が一気に燃えた所でさすがに先生達も異常事態に気づきましたね。

そんなに簡単には侵入できないはずですが、さすがに呪詛師や真人、特級呪霊が強すぎて侵入を許してしまったのかもしれませんね。

学長や五条先生の活躍が見られるかもしれませんね!

それにしても花御は地球の味方?なのかな?

まとめ

【呪術廻戦】45話賢者のネタバレと感想についてでした。

・先生や学長も異変に気づく

・呪詛師が帳に五条悟だけ入れない

・伏黒・加茂・狗巻vs花御

以上が45話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の46話のネタバレと感想をチェック!