【呪術廻戦】60話起首雷同陸のネタバレや感想!呪胎九相図とは?

【呪術廻戦】60話起首雷同陸のネタバレや感想!

59話起首雷同伍の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】60話起首雷同陸のネタバレ!

壊相は触欄腐術極ノ番・翅王を発動し、バチ殺し!と言い、血で出来た蝶の羽のような先から血が滴ります。その様子を見て虎杖は、釘崎!あの血さわんなよ!と言うと、釘崎は分からいでか!と言います。

虎杖が釘崎、もっとスピード出せるか!?と聞くと釘崎は無理と答えます。すると虎杖は釘崎を抱えて全速力で逃げていきます。

壊相は翅王を発動しながら虎杖を追いかけますが、射程外に逃げられてしまいます。虎杖はうっし、射程外だなと言うと、釘崎はよくやった褒めてつかわすと言います。

ですがその瞬間、血塗から虎杖が血を吹きかけられてしまい、それに気を取られた釘崎も、壊相の翅王をくらってしまうのです。壊相は、心配しなくても弟の血に私のような性質はありませんよ。私のだって全身に浴びでもしない限り死にはしません。まぁ、死ぬ程痛みますがね。私達の術式はここからです。と言いながら触欄腐術・朽(きゅう)を発動させます。

虎杖と釘崎の顔や腕に紋様が現れます。壊相は、粘膜、傷口、私達兄弟どちらかの血を取り込み、私達兄弟どちらかが術式を発動すれば、侵入箇所から腐蝕が始まります。そちらの少年はもって15分、お嬢さんの方は10分が限界でしょう。朝には骨しか残りませんよ。と言います。

虎杖はやっぱ毒かと言うと、結果有毒なだけであって私達の術式はあくまで”分解”ですよ。さてどうします?と壊相は言います。

ここで、九相図が生まれた経緯の回想に入ります。明治の初め、呪霊の子を孕む特異体質の娘がいました。呪霊と人間の混血、身に覚えのない懐妊に始まり、親類縁者からの風当たりは常軌を逸しました。彼女は子の亡骸を抱え山向こうの寺へと駆け込んだのです。

その寺は呪術師が開いたものだったが、その時点で彼女の運は尽きてしまいます。その人物は加茂憲倫。加茂憲倫は、多くの呪術文化財と共に史上最悪の術師として名を残す御三家の汚点です。

彼の知的好奇心は、呪霊と人間の間に産まれた子の虜となります。九度の懐妊、九度の堕胎。それらがどのように行われたのか、その後彼女がどうなってしまったのか一切の記録は破棄されています。呪胎九相図1番〜3番は、特級に分類されるほどの呪物。その呪力の起源は母の恨みかそれともー

呪胎九相図の1番〜3番である壊相達は会話をしていました。壊相は、母の記憶はない。人間にも術師にも特段恨みがあるわけではない。150年、お互いの存在だけを頼りに封印を保ってきた。と考えていました。

そして脹相は、呪霊側につくぞと壊相と血塗に言います。壊相は大丈夫かなアイツら、胡散臭いよ兄さん。と言うと脹相が、呪霊が描く未来の方が俺達にとって都合がいい。ただそれだけの事だ、受肉の恩は忘れろ。いいか弟たちよ、壊相は血塗のために、血塗は俺のために、俺は壊相のために生きる。俺達は三人で一つだ。と言います。

そして場面は戦いに戻り、釘崎は、当たれば勝ちの術式、強いなオマエら。でも残念、私との相性最悪だよと言い、芻霊呪法・共鳴りを発動させます。

共鳴りで血塗と壊相は体の中からドグンッと高鳴ります。

釘崎は、我慢比べしよっかと言いながら微笑んだところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】60話起首雷同陸の感想!

さすがに特級に指定されるだけあって強いですね。

それにしても呪胎九相図が出来た経緯が気持ち悪すぎますね。加茂憲倫が最悪なやつってことはすごく伝わってきました。

そして最後の野薔薇ちゃんの微笑み最高ですね。めっちゃ楽しみです。

まとめ

【呪術廻戦】60話起首雷同陸のネタバレや感想についてでした。

・虎杖と釘崎は触欄腐術・朽を発動され、10分から15分で息絶えるほどの猛毒を浴びてしまう

・九相図が生まれたのは明治の初めで、呪霊の子を孕む特異体質の娘と加茂憲倫の知的好奇心から

・釘崎の芻霊呪法・共鳴りが発動する

以上が60話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の61話のネタバレと感想をチェック!