【呪術廻戦】63話共犯のネタバレと感想!1級術師へ推薦!

【呪術廻戦】63話共犯のネタバレと感想!

62話起首雷同捌の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】63話共犯のネタバレ!

虎杖は釘崎、大丈夫か?と聞くと、釘崎は、あー、まぁね。痕は残るかも。毒の方はまぁ、うん。今から帰って硝子さん起きてるかなぁ。何モジモジしてんのよ、キモいわよと言います。

虎杖は、初めてなんじゃねぇかと思って祓ったんじゃなくて殺したの。と言います。釘崎にアンタは?と聞き返され、虎杖は、俺は前に一度。いや、アレを一度って言うのはズルか、3人だと言います。

釘崎は私よりアンタの方大丈夫じゃないでしょ。私はぶっちゃけなんともない。術師やってりゃこういうこともあんでしょ。伏黒じゃないけどさ、結局助けられる人間なんて限りがあんのよ。私の人生の席っていうか、そこに座ってない人間に私の心をどうこうされたくないのよね。

冷たい?ま、アンタみたいに自分で椅子持ってきて座ってる奴もいるけどね。フォローするわけじゃないけど、呪霊か呪詛師か気にしてる余裕なかったじゃん。呪詛師だとしてあのレベルのを長期間拘束する術はない、分かってんでしょと言います。

虎杖は、でも、アイツ泣いたんだよ、目の前が弟で死んで。俺は自分が、釘崎が助かって生きてて嬉しい、ホッとしてる。それでも俺が殺した命の中に涙はあったんだなって、それだけ。と言います。釘崎は、そっか、じゃあ共犯ね私達と言います。

虎杖と釘崎の2人は橋の下まで戻り、倒れている伏黒を見て焦り、ふっ・・・伏黒?と息を飲みながら言いますが、伏黒はおっ、戻ったか。良かった無事でと言い、起き上がります。

虎杖と釘崎はビビッたーっ!死んでんのかと思ったー!とハイタッチします。釘崎は宿儺の指を封印するために新田を呼ぼうとします。伏黒は一番元気そうなオマエに渡す。念を押すが食うなよ。と言い、虎杖に宿儺の指を渡すと、虎杖の掌に宿儺の口が生え、宿儺の指は食べられてしまいます。

食うなっつったろと声を合わせて伏黒と釘崎がキレます。虎杖は、君の中の宿儺が力を取り戻すために指の在り処を教えてくれる。と五条が言っていたことを思い出しますが、もしかして五条先生って適当?と虎杖は言います。

すると橋の上かクラァッ!オマエらぁ!と新田がブチ切れていました。じゃ、帰るかと虎杖は嬉しそうに伏黒に手を貸します。

2日後、五条と庵は電話で話をしていました。五条は電話で庵にいやぁ〜、指の呪霊だけじゃなくってさ、遺体を調べてビックリ。なんと例のブツの受肉体だったの。特級相当を各個撃破、今年の1年は豊作だね。僕の指導者としての腕がいいのかな。と言うと、庵にオフの日にアンタと長話したくないのよね、飲み会の幹事の件でしょと言われてしまいます。

庵は続けてどう?目星はついた?全然私含め皆忙しいの。どうする?学生にも声かけてみる?と言うと、五条は僕下戸だからノンアルでも構わないよ。引き続き声がけよろしくと言い、電話を切ります。

五条は、歌姫の周りは何が聞いてるか分からないからな。内通者が学生ってのは考えたくないねと考えながら、後は頼むよ、冥さんと言います。その冥冥の通帳には五条から100万円が振り込まれていました。

伏黒は虎杖に共振の話はするなと釘崎に言います。釘崎はそれって確定なの?と言うと、伏黒はほぼな、終わった案件だ。気づく可能性があるとすれば俺達か新田さんくらいだと思う。虎杖、宿儺の受肉はキッカケにすぎない。八十八橋の呪殺はいつ始まってもおかしくなかった。そもそも指を飲み込んだのは俺を助けるためだ。でもアイツはそれで納得しねぇだろ。だから言うなと言います。

すると釘崎は言わねぇよ、レディの気遣いナメんなと言います。一方、虎杖は宿儺にオマエのせいだ。と言い、宿儺はオマエが俺を取り込んだ。目覚めたんだよ、切り分けた俺の魂達が。大勢のケヒッヒヒッ、人間を助けるか。小僧、オマエがいるから人が死ぬんだよ。と言われるが、虎杖はおい、それ伏黒には言うなよと言います。

楽巌寺学長と東堂と冥冥が話をしています。楽巌寺は、特級は術師の格付けの中でななめにハズれた位置づけじゃ。1級こそ他の術師、延いては呪術界を牽引していく存在だと儂は考えておる。危険・機密・俸給、準1級以下とは比べものにならん。それを踏まえて今なんと。と東堂と冥冥に問います。

すると冥冥は、禪院真希とパンダを、東堂は伏黒恵、釘崎野薔薇、虎杖悠仁を、以上5名を東堂葵、冥冥の名の下に1級術師に推薦すると言ったところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】63話共犯の感想!

野薔薇ちゃん強い子だなぁとしみじみと思いました。

そして伏黒も何とか元気そうで安心しました。

最後の1級術師に推薦の話、良いですね。学長が何と言うか楽しみです。

まとめ

【呪術廻戦】63話共犯のネタバレと感想について

・虎杖・釘崎・伏黒が無事に合流

・冥冥が禪院真希とパンダを、東堂葵が伏黒恵、釘崎野薔薇、虎杖悠仁を1級術師に推薦

以上が63話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の64話のネタバレと感想をチェック!