【呪術廻戦】133話渋谷事変50のネタバレと感想!

3月 29, 2021

【呪術廻戦】133話渋谷事変50のネタバレと感想!

132話渋谷事変49の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】133話渋谷事変50のネタバレ!

東堂が真人と戦う前、23:09に東京メトロ渋谷駅B5F副都心線ホームで、東堂と新田新は五条悟を助けるために渋谷駅B5Fを訪れていました。しかし、そこには一般人が気絶しているだけで、偽夏油の姿はありませんでした。

偽夏油は獄門彊を持ち去っていました。この状況から五条を救うのは難しいと東堂は考えていました。東堂は頭を切り替え、味方を救い、出来る限り敵戦力を削ぐ戦いへと目的を変更します。なので東堂は虎杖を救うため渋谷を走り回ったのでした。

23:28頃、渋谷ストリーム前では宿儺と漏瑚が戦った場所は、瓦礫の山が連なっていました。戦いに巻き込まれたぱんだは日下部を探すため、ゴリラモードになり瓦礫をどかしていました。

瓦礫の山から日下部が現れ、無事発見されます。しかし日下部は虎杖を見て、パンダに虎杖の死刑に賛成だと意見を告げます。

日下部の意見を聞いたパンダは、暴走した虎杖を擁護出来ずに、複雑な表情を浮かべていました。

日本時間の23:36頃、冥冥はマレーシアのクアラルンプールで、憂憂と共にベッドに横たわり談笑をしていました。冥冥は偽夏油に殺されかけ、憂憂の術式で海外に逃亡していました。

冥冥の元に何者かから電話がかかってきます。冥冥は電話の相手に、憂憂の術式で逃げてきたこと、日本の株と東京の不動産は全て売り捌いた方がいいこと、円も変えた方がいいこと、主要先進国への負の連鎖も免れないことを伝えます。

電話の相手にお礼を言われた後、冥冥はインサイドの関係を続けようと伝えて電話を切ります。

23:28頃、渋谷駅B3F田園都市戦ホームには脹相がいました。脹相は存在しない記憶を見て混乱しており、ホームに座り込んでいました。脹相は虎杖と自分が何者かを知るために、虎杖の元へむかいます。

そして23:36頃、渋谷警察署宇田川交番跡、虎杖と真人の元へ偽夏油が現れます。夏油と聞き、虎杖は五条を奪った犯人だと認識し、偽夏油へ殴りかかっていきます。

偽夏油は呪霊操術を使用し、大鯰の力を使います。すると、虎杖の足下に巨大な黒い穴が現れて、虎杖をひっくり返して虎杖の動きを止めます。さらに偽花等は、呪霊操術の強みである手数の多さを駆使し、準1級以上のムカデの呪いを召喚します。

虎杖はムカデの攻撃を受けてしまい、全身血塗れの重傷を負います。立つことも困難なようです。真人は知ってたさ、だって俺は人間から生まれたんだからと言い残し、偽夏油の呪霊操術で吸収されていきます。

そして偽げとうが虎杖に何かを語り始めたところで終わりです。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

【呪術廻戦】133話渋谷事変50の感想!

それぞれの動きが見えましたね。

冥冥姉さんさすがです!海外逃亡なんてかっこいい。

そして再び虎杖の身動きが取れなくなってしまいましたね。

この先どうなるのでしょうか?

まとめ

【呪術廻戦】133話渋谷事変50のネタバレと感想についてでした。

・パンダと日下部は生存、冥冥と憂憂は海外に逃亡、脹相は自身は何者か虎杖の元へ向かう

・偽夏油が真人を吸収し、虎杖に重傷を追わせ、これからの世界の話をする

以上133話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の134話のネタバレと感想をチェック!