呪術廻戦の休載はいつまで?芥見下々の病気や病状を調査!

人気の漫画、呪術廻戦の作者の体調不良により呪術廻戦が長期休載に入りますね。

明日(6/14日)の週刊少年ジャンプ28号までは連載されますが、6/21発売分の週刊少年ジャンプ29号から休載されるということのようです。

呪術廻戦の休載はいつまでなのか、芥見下々先生の病名や病状を調べていきたいと思います。

呪術廻戦の休載はいつまで?

公式ツイッターのコメントによると、芥見下々先生は1ヶ月ほど休むとおっしゃっていますよね。

この文章が出されたのが6月10日なので、7月10日くらいまでお休みされるのではないでしょうか?

ジャンプは月曜に出るので、早ければ7月12日もしくは

7月19日くらいから連載が再開されるのではないでしょうか?

確かに芥見先生は、何がなんでも休載をしたくないというタイプで、なるべく休載をしないようにと頑張っていらっしゃったのですが、ついに下書き連載をやらかしてしまったりと、編集部の方から休んでくださいとお願いされたような感じですよね。

芥見下々先生の病名や病状は?

芥見下々先生の病気や病名は何でしょうか?

病名については載っていないのでわかりませんが、大病ではないとおっしゃっていましたね。また、メンタルは問題ないですと語っています。

なので、週刊連載やアニメ化の影響で疲労がかなり蓄積したか、身体的な症状が出ている可能性が高いですね。

ですが中には自分が無自覚なだけで、そういう時ほど怖いという意見もあったので、病院などでしっかりみて欲しいですね。。。

また漫画家って過酷ですし、人気の週刊連載の作品ともなると睡眠時間は3時間しか取れないと聞きます。

それから直筆のコメントで、ツーカーの整体師が異動したことなどが重なったと書いていますよね。

漫画家の方って腱鞘炎などの病気が多いですし、芥見下々先生も腱鞘炎などの可能性は高いですよね。

そうした体の不調を緩和してくれる整体師さんが異動してしまったら、芥見先生の体は不調が残ったままになってしまいますよね。

実際、長期休載を発表される前、締め切りがあるけれど2日も横になっていたと書かれているので、芥見先生が相当不調であることはわかりますよね。

芥見先生には長期休載で、しっかりと体を休めてもらいたいですね。

呪術廻戦の休載についてネット上の反応は?

https://twitter.com/mikoto0618/status/1403972684434661383

話の展開が気になるという意見も多かったですが、体調を心配する声や、ゆっくり休んでくださいという声も多くみられました。

まとめ

以上、呪術廻戦の休載はいつまでなのか、芥見下々先生の病名や病状についてでした。

休載はおそらく1ヶ月くらいだと思われますが、芥見下々先生にはしっかりと休んで欲しいですね。