【呪術廻戦】116話渋谷事変34のネタバレと感想!宿儺と漏瑚の戦いは?

【呪術廻戦】116話渋谷事変34のネタバレと感想!

115話渋谷事変33の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】116話渋谷事変34のネタバレ!

宿儺は炎を出し、弓矢の様に構えています。漏瑚も何らかの技でそれを迎え撃とうとしていました。

漏瑚は死んでしまった花御、陀艮と会っていました。花御と陀艮に謝る漏瑚でしたが、花御はまだ真人がいますよと言います。

花御は、人が恐れ忌む死、だがその向こうにもまた人が佇んでいる。真人はまだまだ強くなる。だから貴方は彼を頭に据えたのでしょうと言います。

それに対し漏瑚は、再び生まれ落ちる時我々はもう我々ではない。それでもまた逢える日を心待ちにしているぞと言います。

宿儺は漏瑚になんだオマエ、人間に成りたかったのか。と言います。その願望を宿儺は下らんと一蹴します。

続けて宿儺は、オマエは焼き尽くすべきだったのだ。打算も計画もなく手当たり次第。五条悟に行き着くまで未来も種もかなぐり捨ててな。理想を掴み取る飢え、オマエにはそれが足りてなかった。だが、人間術師呪霊千年前戦った中ではマシな方だった。誇れオマエは強いと言います。

漏瑚は・・・何だこれはと言いながら涙を流していました。現実世界では宿儺の炎により漏瑚が燃やされてしまっていました。

すると宿儺のもとに宿儺様、お迎えに参りました。と謎の人物が声を掛けます。宿儺は裏梅かと言います。裏梅はお久しうございます。と言います。

一方場面は変わり、伏黒を刺した呪詛師と負傷して気を失っている伏黒がいました。呪詛師はふざけんなよ!こんな・・・!クッソ!起きろよ!クソ術師と言ったところで終わりです。

呪術廻戦の原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、呪術廻戦の1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/1/6現在)とお得な情報が満載!

【呪術廻戦】116話渋谷事変34の感想!

宿儺圧倒的な強さでしたね。

漏瑚は人間になりたかったのですね、宿儺に誇れオマエは強いと言われて泣いた所とか、なんか意外でした。

あと裏梅って誰?

そして最後の伏黒くんと呪詛師も気になりますね。

まとめ

【呪術廻戦】116話渋谷事変34のネタバレと感想についてでした。

・宿儺と漏瑚の戦いは宿儺の圧勝

・宿儺の元に裏梅が現れる

以上116話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の117話のネタバレと感想をチェック!