【呪術廻戦】130話渋谷事変47のネタバレと感想!

3月 29, 2021

【呪術廻戦】130話渋谷事変47のネタバレと感想!

129話渋谷事変46の記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

【呪術廻戦】130話渋谷事変47のネタバレ!

真人が0.2秒の領域展開をし、それに東堂がすぐさま反応します。東堂は九十九直伝の領域展開を発動します。

虎杖も無為転変をされる前に祓おうと、東堂より先に真人のもとへ駆け出します。

ですが真人は誰よりも早く術式を発動します。真人は黒閃を経験したことで覚醒しており、生得領域の具現化と術式の発動を一まとめにし、無為転変を発動したのです。

その瞬間、生得領域で真人は宿儺と接触しました。宿儺は今回は手を出さず、無言で笑みを浮かべるだけです。真人は宿儺が虎杖との間に何か契約があるのだと思いましたが、真人は代わる間もなく虎杖を殺す。黙ってここで見ててくれと宿儺に伝え去って行きます。

真人の0.2秒の領域展開が終わると、東堂の左手が無為転変により変形し始めます。東堂は自身の左手を切断します。

すると真人は虎杖を殴り飛ばし、東堂の腹部を黒閃で強打します。東堂はヤマカンで腹に全呪力を集中させ、ダメージを軽減させます。その攻撃で東堂の首にかけていたネックレスが地面に落ちます。

真人は無為転変の術式を右手に込めて東堂に接近しますが、ネックレスの中身を見て真人の動きが一瞬止まります。そのネックレスの中身は虎杖と高田ちゃんの写真でした。

真人が写真を見て動揺している隙に、東堂は真人の右手と自身の右手をハイタッチし、虎杖と入れ替わり虎杖が真人に黒閃をキメます。東堂の右手は真人の術式に一瞬触れたため、東堂はその場に倒れ、虎杖に全てを任せることにします。

虎杖と真人の戦いが始まります。真人は多重魂”幾魂異性体”を再び発動し、超攻撃力の改造人間を使い攻撃します。

幾魂異性体と激しい殴り合いをする虎杖、真人は黒閃を食らいかなりダメージを受ける一方で、ついに魂の本質を掴むことができました。

虎杖が幾魂異性体を蹴り飛ばすと、真人は自分に無為転変を使い遍殺即霊体(へんせつそくれいたい)へと変化していました。というところで終わりです。

呪術廻戦のアニメを始め、漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

【呪術廻戦】130話渋谷事変47の感想!

なぜ真人は東堂のネックレスを見て一瞬動揺したのか謎ですね。

そしてついに東堂までもが倒れてしまいましたね。

魂の本質を掴んだ真人に、虎杖はどう戦っていくのでしょうか?

まとめ

【呪術廻戦】130話渋谷事変47のネタバレと感想についてでした。

・東堂の左手に無為転変を食らわせて切断させ、さらに東堂の右手も一瞬無為転変の術式に触れたため、東堂は倒れてしまう

・真人は自分に無為転変を使い遍殺即霊体へ変化する

以上、130話の大まかな流れでした。

次回呪術廻戦の131話のネタバレと感想をチェック!