チェンソーマン33話作戦開始のネタバレと感想!

チェンソーマン33話作戦開始のネタバレと感想!

32話繰り返し繰り返しの記事をまとめています。

まだ見ていない方は是非チェックして見てください。

チェンソーマンの漫画購入もU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTがおすすめな理由

  • 動画は19万・雑誌は80以上と見放題・読み放題で、アニメを含む総作品数NO.1
  • 31日間お試し期間があるので、期間内に見終われば無料で視聴が可能!
  • お試し期間にもらえる600ポイントの付与ポイントで、最新映画や漫画が無料で見られる!映画はクーポン取得可能で最大半額!

チェンソーマン33話作戦開始のネタバレ!

黒瀬と天童は京都に帰ろうとしており、黒瀬はアキに銃の悪魔を本気で殺せると思ってます?と聞きます。アキは今回、特異課を20人ほど殺した相手に負けており、銃の悪魔は世界中の人間を数百万人殺しています。

それほどの相手にアキが到底勝てるわけがないと黒瀬は考えていました。そして、弱いくせに漫画の主人公みたいな目標掲げて痛くてムカつくと言います。

アキは、アンタは黙って見てればいい。俺が負けて死んだその時に笑いに来てください。今自分が自分を見えなくなっているのはわかっています。でもじゃなきゃやっていけないのもわかってるんですと言います。

黒瀬はアキの言葉を聞き、コーラを投げ渡し、キミの事ムカつくけど応援しとるわ。最後にこの言葉を贈る。特異課にまともな奴がいないから気を付けろと言います。

一方、マキマはサムライソードが所属するヤクザの別荘に来ていました。黒幕は沢渡という女、組の若い人間が騙されて銃の悪魔と契約しているようです。契約内容は銃の悪魔に2万円払う代わりに契約者は銃と弾がもらえるというものです。

マキマは組にいる銃の悪魔と契約している人間の名前を全て書くよう頼むと、組長は承諾しますが、他の組の方のもお願いしますというと、そんな事知ってても告げ口バレたら組同士で戦争が起こっちゃうよと断られます。

マキマは組長に、国民の安全の為ですといい、組長は俺たちが身内同士で潰しあったら外国マフィアが入ってくる。デビルハンターが悪魔から人間を守ってるように俺たちヤクザも外国人から日本人を守ってるんだよと言います。

するとマキマは組長に紙袋を渡します。紙袋にはここにいる人の父母、祖父母、兄弟姉妹、恋人や奥さんの目が入っていたのです。それを見てのけぞる組長マキマは安心してください。公安には目を元どおりにできる人がいます。ご協力していただけるのならその人を紹介しますと言います。

ヤクザの一人マキマに殴りかかろうとしますが、マキマが睨みつけるとヤクザは大量の血を流していました。マキマは、貴方の言う必要悪というものは悪事を行う自分を正当化する言い訳です。必要な悪というのは常に国家が首輪をつけて支配しているものですと言います。

サムライソード・沢渡のいるビルに公安が駆けつけていました。サムライソードと沢渡は公安の人間をできるだけ殺し、デンジの心臓を奪い、ヘビを使って逃げる予定でした。

いよいよ公安の作戦が始まり、先生は作戦はない、特異課全員をビルに打ち込むと言ったところで終わりです。

チェンソーマンの原作をお得に読むならまんが王国!

最大50%還元クーポンがもらえたり、チェンソーマンの1巻をまるごと無料で試し読み出来たり(2021/2/23現在)とお得な情報が満載!

チェンソーマン33話作戦開始の感想!

マキマさんが恐ろしすぎて怖いですね。

身内や大事な人の目玉を大量に持ってこられるとか恐ろしすぎて逆らえなくなっちゃいますよね。

まとめ

チェンソーマン33話作戦開始のネタバレについてでした。

・マキマはサムライソードが所属するヤクザの別荘きて、銃の悪魔と契約するものたちの名簿を差し出すよう迫っていた

・サムライソード・沢渡のいるビルに公安が駆けつける

以上が33話の大まかな流れでした。

次回チェンソーマンの34話のネタバレと感想をチェック!